スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
ぼくロムニー鉄道に乗ったんだ。しらぬた編
2010 / 03 / 30 ( Tue )
既に「ぼくロムニー鉄道に乗ったんだ。」のタイトルが全然関係無くなってしまっていますが
気にせずに進めます。(3月も終わってしまう・・・

ペンションに宿泊していた私達(私、妻、ハル)。
朝起きて、お気に入りのダーツをやり始めるハル。何も予定を決めていない親・・・。

そういえば、近くに”しらぬたの大杉”と"しらぬたの池"があるらしいから見に行こう!!。
で決まりました。
ペンションエルブルズの皆さん(オーナー、おかみさん、はつねちゃん)と名残惜しいお別れをして
出発~。

かなり山の奥にあるエルブルズより更に奥に向かいます。最初は”しらぬたの大杉”へ。
車から降りて15分くらいかな。徒歩で森の奥に進むとそこには”しらぬたの大杉”
0321大杉.jpg
私、妻「大きい~」。木のてっぺんが見えないのですから。
私はハルに、「ここに神様がいるんだよ」って教えました。
私達は神様信仰。いつもハルが聞き分けがないと「神様が怒ってくるよ。」っていいます。
神様いつもありがとうございます。

しらぬたの大杉には本当に神様がいるような気がします。樹齢1000年以上。鎌倉幕府が確かイイクニで1192年。
「鎌倉幕府より前だぁ。」などと言いながら、その存在感に見とれていました。

”しらぬたの大杉”の神様に感謝し、山道を戻りました。
また、殆ど歩かないハルを抱っこして・・・。

そして次は”しらぬたの池”へ。"しらぬたの大杉"から少し車で戻って
車から降りたあと30分くらいかな。徒歩で森の奥に進むとそこには”しらぬたの池”
0321池.jpg
0321池2.jpg
神秘的という言葉がぴったりはまるような、そんな池でした。人工的に整えられた綺麗さではなく
自然の美しさが漂っているようです。
モリアオガエル(天然記念物)の生息地としても有名らしいです。私達が行ったときは次期はずれ
見ることはできませんでした、残念。

殆ど歩かないハルを抱っこして山道を戻ります。30分・・・。

”しらぬたの大杉”も"しらぬたの池"も、そこまで辿り着くのは大変ですが
一見の価値あり。行って良かったなぁと思いました。

このとき12時位、自宅まで4時間弱。「よし、帰ろう。」とうことで帰路へ。
とても楽しくリフレッシュできた旅行でした。

この時、帰りの道中の試練など気付く訳も無く・・・。
ってまだ続くのかよー。次で終わり、ほんと次で終わりです(笑








スポンサーサイト
23 : 51 : 33 | 旅行 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top
<<ぼくロムニー鉄道に乗ったんだ。パンク編 | ホーム | ぼくロムニー鉄道に乗ったんだ。 エルブルズ編>>
コメント
----

>ほりけんさん
足跡ありがとうございました。
by: harebare * 2010/03/31 21:37 * URL [ 編集 ] | page top
----

杉も池もほんとに素敵です。
こんなの見たら確実にリフレッシュ出来ますね。
私は「鬼さん怒ってくるよ」
と言うのですが全く効果ありません。
今日から「神様」に変えてみます。
by: a-shan * 2010/04/01 04:33 * URL [ 編集 ] | page top
----

>a-shanさん
我が家では「お山の神さん、出てくるよ」っていいます。
お山の神様の使いと言っている、隠してある笛を
ピーっと吹くと聞いてくれることがあります。
その笛は、先っぽが紙でできてクルクル巻いてあって、吹くと伸びる
よくあるおもちゃの笛です。伸びるのが怖いみたいですね(笑
by: harebare * 2010/04/01 04:56 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://osanpo20130109.blog.fc2.com/tb.php/85-208f1286
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。