スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
菜の花トンネル
2010 / 02 / 27 ( Sat )
妻とハルの散歩道。
もう春です。
新しい季節の始まり。
菜の花トンネル。
0226菜の花1.jpg

私は季節の変わり目が好きです。
春先は花の香り。
初夏は湿った草木の匂い
初秋は虫の音。ちょっと寂しげな風。
初冬は乾いた風。枯葉の匂い。

煙草をやめ、子供が生まれ、小学生のころ感じていた、あの季節の移り変わりを
また感じられるようになったなぁ。


スポンサーサイト
02 : 19 : 39 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
となりの森フェスティバル エピローグ
2010 / 02 / 26 ( Fri )
帰るため駐車場へ向かうと、消防士さんたちが集まってました。近くには消防指揮車が。
ハルは消防車が大好きなので興味深深です。
0220指揮車.JPG
(お断りをして写真を撮らせてもらいました。)

そして、ちょっと離れたところにポンプ車が。
「こんな近くで見れる事ないもんね。すごいね。」などと言っていたら
「載ってみる?」って消防士さんがハルに話かけてくれました。
少しビビッて嫌がってましたが、妻が先に乗ったこと。消防士さんがハルを乗せてくれた事
で乗ることができました。ジャン!
0220ポンプ車.JPG

よく見るとハルの頭に大きな帽子が・・・。
女性消防士さんが自分の帽子をハルの頭に被せてくれたのでした。
ハルも大喜びです。

消防士のみなさんは、大変やさしく接してくださって、快く写真撮影も了解頂いて
本当に感謝しています。ありがとうございました!

これから訓練だったのでしょうか、少し離れたところで見ているとやさしい雰囲気とは違って
命をかけて働いている人たちの顔でした。
この人たちが消火活動、人命救助をしてくれているんだなと、感慨深いものがありました。
そして、私も家族も守られている。とそう感じました。

初のブログ3部作、これでおしまいです。
取り留めの無い話ばかりですみません。
最後までお付き合いくださいましてありがとうございましたm(_ _)m。

あ、ハルのお散歩ブログは続きますよ。もう少し。


04 : 28 : 43 | 森ちび | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
となりの森フェスティバル その2
2010 / 02 / 25 ( Thu )
昼食後、フェスティバルに戻る途中みつけたのがポックリ。
ハルがやりたいというのでさせてみました。
0220ポックリ.JPG
ポックリって名前であることを始めて知りましたが、どこでも通じるんですかね?

このフェスティバルは、エコエデュで主催している、"森ちび"や"里ちび"の紹介や体験コーナーなど
がメインです。
体験コーナーでは、拾った落ち葉を紙に貼って模様を作ってみたり、竹でお箸作りなどやってました。
竹でお箸作りなどをやってました・・・。
発した言葉は妻と一緒「先にやっていれば・・・。」(その1参照)
と、言っても午前中はやってなかったんですけどね。

それは置いておいて、私はお箸作り、妻とハルは落ち葉のアート、それぞれ分かれて体験しました。
後から妻とハルもお箸作りに参加して、2膳分できました。太さがちぐはぐお箸。

"里ちび"のことを聞いてみたかったので、紹介コーナーでお話を伺いました。
"里ちび"は畑で遊んだり、野菜を収穫したりすることが体験できます。
話を聞くと3月末でおしまいとのこと。ただ、有志で同じような活動は続けることも検討しているみたいです。
機会があれば"里ちび"にも参加してみたいと思っていたので気になるところではあります。

"となりの森フェスティバル"とても充実した内容でした、ハルもたっぷり外で遊べました。
やはりお日様にあたって遊ぶのはいいですね。



23 : 51 : 46 | 森ちび | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
となりの森フェスティバル その1
2010 / 02 / 22 ( Mon )
"森ちび"ならぬ"となりの森のフェスティバル"に行ってきました。
来年度から"森ちび"の活動内容や名称が変わるため、その内容や活動の紹介が
趣旨のようです。

私、妻、ハルの3人で参加してきました。

幼稚園、小学校、中学校の3人の先生方たちが、自然で遊ぶことの大事さを、家で遊ぶことと
比較しながら面白おかしくお話してくれました。ちょっと緊張しましたが、質問した回答にも
先生方がとてもこころよく回答してくださいました。

そのあと、他の参加者の人たちとは別で、お昼ご飯を食べて・・・。なぜ別かと言うと
申し込みを忘れてたから・・・。
参加者が食べれる炭焼きのパン楽しみにしていましたが、残念。
チラシを見て参加したのですが、そのチラシを見ても申し込みが必要なんてわからなかったんです。
私と妻だけが・・・。

そのかわりと言ってはなんですが、ちょっと離れたところのベンチに3人で座ってのんびり昼食を
っと、 お箸を忘れました・・・。ドンマイ、全部手づかみで食べれる。おにぎり、大学いも、
ブロッコリー、つくねはギリギリOK。
他の参加者と一緒に食べてたら、後で泣く。

"はーちゃん、後で泣く" 最近、ハルがよく使う言葉。
楽しく遊んでいたのにじいじ、ばぁばが帰ってしまう。おもちゃやお菓子を買ってもらえない。
と、いうような場合使います。
ちなみに後で泣いたためしはありません・・・。

"よかったー。全部手づかみで食べれる。”
と言ったのは妻。本当に良かったかは不明。

まぁ、後にも先にも泣かずに済みました。そんな家族を気遣って来てくれた?”ヤマガラ”
yamagara.JPG
撮影(妻)

長くなってしまいました。後半は次回に。











23 : 52 : 29 | 森ちび | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
自転車 その後
2010 / 02 / 19 ( Fri )
2歳の誕生日に自転車を買ってもらったことを書きました。こちらこちら

最初は自転車の後ろについている持ち手を押せ押せ言うばかりで、全然こがなかったのですが
最近、自分でこげるようになりました。
自転車 036.jpg

一度自転車に乗ると1時間は遊んでいるので、保護者泣かせのアイテムであります。
寒い!
02 : 05 : 36 | 乗り物 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top
三和土
2010 / 02 / 17 ( Wed )
三和土と書いて”たたき”と読むそうです。

左官技術のことで、土間打ちなどで用いられます。

3種類の材料を混ぜ合わせ、叩き固めて仕上げるので、”たたき”と呼ばれるようです。

三和土で”たたき”・・・左官職人かそのようなことに関わった人でないと絶対読めません!
当て字なので。

当て字といえば、我が家の息子の名前を決めるときも、一時、当て字で考えていました。

長い人生、辛いことや苦しいこともあるけど、そんな時でも心は晴々しているような人に
なって欲しいという願いから”晴”という字を使いたいと思っていました。

そして、”晴れて円満”という言葉から”晴円”でハルマ。読めないですよね。
当て字なので。

”はれまる”くん?
”せいえん”くん?
お父さん、お坊さん?
なんて聞かれかねないのでやめました。

今となっては”晴”という字も使っていないですが、辛いことも苦しいことも晴々とした気持ちで
乗り越えられる、そんな人になって欲しいという願いは同じです(-人-)。












00 : 53 : 02 | 我が家 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
真冬の半袖
2010 / 02 / 11 ( Thu )
サイズが小さくなったのか、お古が嫌になったのかわかりませんが
ハルが2種類の服しか着なくなりました。

可愛そうなので、チェーン店西松屋へ新しい服を買いに。

表に「35」と書いてあるのを1着、「5」と書いてあるのを1着の
計2着のトレーナーを買いました。

買った2着の服、ハルが気に入ってくれて、とても気に入ってくれて
その2着しか着なくなりました。

「35ばん。」とか言って指定してきます。

「ありがと。ありがと。」と言って何回もお礼してくれました。

しかし、その2着しか着なくなりました。

思い起こせば、私も子供のころ気に入った服2着を着まわしていた時期がありました。

しかも半袖。

誰に頼まれたわけでもなく、そうしなさい。と言われたわけでもなく
真冬に半袖。

真冬に半袖の子供を見かけることがありますが、寒くないのでしょうか。

他の子供は知りませんが、私ははっきり言って寒い!
でも半袖。

そんな時期が誰でもあるのかもしれませんね。
あるのかな?
02 : 50 : 25 | 子育て | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
節分赤おに
2010 / 02 / 05 ( Fri )
我が家でも豆まきやりました。
勿論おに役、赤おには私。
赤おに.jpg
当日、建築家石田さんと打ち合わせがあり、その際頂いたお面を着用。
「おにはーそと」「ふくはーうち」とハルと妻が豆を家中に撒いてました。
いっぱい撒いて「またらいねーん。」でおしまい。

赤鬼と青鬼の話、ありますよね。
人間と仲良くなりたい赤鬼を、青鬼が自分を悪物にしてまで赤鬼と人間の仲を繋げるという話。

私はそんな青鬼が大好きで、鬼の話題になると赤鬼と青鬼の物語を思い出します。



08 : 08 : 57 | イベント | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。